月別アーカイブ: 2020年3月

ゲームせどりの仕入れ先

ゲームせどりには、商品が小さいから送料を抑えられる、商品の周りがよい、保管場所に困らないなどのメリットがあります。
ゲームせどりをするために仕入れが必要ですが、どこで仕入れたらよいのでしょうか。利用しやすい仕入先を紹介します。

●ブックオフ
ブックオフは本しか扱っていないと思っている方もいるかもしれませんが、ゲームも取扱をしています。
ブックオフには、直営店とFC店があります。直営店とはブックオフコーポレーションが運営している店舗のことで、大型店が多く、品ぞろえが豊富な傾向があります。FC店とはそれ以外の会社が運営している店舗のことで、地域によって取り扱っている商品が違ったり、直営店とは値段が違ったりします。
直営店とFC店は看板に描かれている矢印の色で見分けることができます。直営店の場合は、矢印の先の三角部分が青です。FC店は矢印の三角部分が赤です。
ホームページでも確認できます。直営店はホームページアドレス内にある数字が2から始まっていて、直営店は1から始まっています。
たくさんの商品を見たいなら直営店がおすすめです。安く仕入れるならFC店がおすすめです。FC店は店舗ごとに価格設定を行っていて、安く売られていることがあります。

●ハードオフ
ブックオフとハードオフは別の会社です。ハードオフは主に家電製品を取り扱っています。
ブックオフの場合は同じゲームなら販売価格がどれも同じなのですが、ハードオフは同じゲームであってもゲームの状態によって価格が違うことがあります。ゲームに傷がついていたりすると、傷なし商品に比べて価格が安いです。場合によっては3倍も価格が違うことがあります。しかし、実際に手に取ってみてみると、それほど傷が目立っていないこともあります。

●ゲオ
ゲオは全国どこでも販売価格が同じです。少しでも安く仕入れために、いくつもゲオの店舗を回る必要がありません。

●オークション
オークションはおすすめできない仕入先です。
ブックオフ、ハードオフ、ゲオなどは検品した商品を販売していますが、オークションは検品がされていないことがあります。
そのため、仕入れたら実際に使えるのか自分で確かめる必要があります。そのためにハードウエアが必要で、ハードウエアをそろえるためのコストがかかります。
また、もしもゲームを使えない場合は仕入れた分の費用を損することになります。
そして、オークションは傷の状態を確かめにくいです。商品画像ではわからなかった傷が、手元に届いて実際に見てみると傷が目立っていたということもあります。