月別アーカイブ: 2019年8月

情報商材のメリットと販売単価による収益

情報商材というネットビジネスには、販売単価に関する大きな魅力があります。その単価に注目して、人によってはアフィリエイトでなく情報商材を選んでいる事さえあります。ただし、情報の質は求められます。

情報の質は重視される

情報商材では、ややディープな情報を取り上げて販売していく事になります。その特性上、自分の経験談などが取り上げられることが多いです。経験談に基づいてノウハウなどを紹介しますが、読者から質問が来れば回答する事もあります。
情報商材が売れるかどうかは、情報の質に大きく左右されます。取り上げている情報の質が優れていれば、売れ行きも良くなる事が多いからです。
ですから、情報商材の内容はよく吟味する必要があります。決して楽なネットビジネスではありません。

アフィリエイトのデメリットと単価

ところでお金を稼ぎたい時は、一応アフィリエイトという手段もあります。企業が提供している商品などをブログやサイトで宣伝し、お金を稼いでいく訳です。クリック数などに応じて、お金を稼ぐことができます。
アフィリエイトは、かなり大きく稼げる可能性は秘めています。ただこのネットビジネスには1つデメリットもあって、販売価格が高いとは限りません。取り扱う商材によっては、薄利多売になる事もありますから、注意が必要です。
一般的には、無料登録型の商材は薄利多売になるケースが多いです。単価はあまり高くありませんから、1人でも多くの登録者を確保しなければなりません。
カード発行型の商材は、単価は比較的高めではあります。しかしカードに関する正確な知識も求められますし、カードによってはあまり単価が高くない事もあります。

アフィリエイトよりも単価が高い

ところで情報商材の場合は、全体的に販売価格が高めです。それこそ商品次第ですが、1万円を超えている情報商材が多いです。
アフィリエイトの場合、単価が1万円を超えるような商品はなかなか見かけません。稀に見かけますが、ハードルが少々高い事もあります。それに比べると、情報商材の方が単価が高めであることは間違いありません。
それだけに売れ行きが好調な時には、かなりの収入を稼げる事もあります。単純計算ですが、上記の商材を1,000本売る事ができれば1,000万円になるでしょう。実際には色々な手数料もかかりますから、必ずしも1,000万円になる訳ではありませんが、それでもかなり稼ぐことができます。
ですから何らかの専門的な情報を知っていて、お金を大きく稼いでみたい時は、情報商材は前向きに検討してみる価値があります。